クレカ現金化で実際にあった嘘の口コミ

HOME » 現金化の口コミ » クレカ現金化で実際にあった嘘の口コミ

クレカ現金化で実際にあった嘘の口コミ

クレカの現金化は、経験者も少なく友人や知人から体験談を聞きだすことは難しいでしょう。
そのため、クレカの現金化を利用する場合にはインターネットの口コミサイトを確認する他ないという場合も多いのです。
クレカ現金化の口コミは、そのほとんどが自作自演であると考えられます。
しかし、数%という確率で本物の口コミも投稿されているのです。
実際に投稿されている口コミから、本当の口コミを見分ける方法を紹介します。

クレカ現金化業者限定の口コミサイトよりも見分けやすいのは、カテゴリーが沢山ある掲示板など‘質問と回答’といった形式で投稿される内容です。
実際にあった質問として「お金に困っています。フリーターなので消費者金融から借りることも出来ないと思います。そのため、クレカ現金化利用しようかと思いますが不安も多いです。」といった悩みが投稿されていたとします。
口コミ(回答)として投稿されていた内容は、「前に利用した○○という業者は安全でした。http://○○」といったもの。
この様な流れが多く見られるはずです。
URLまで貼られており、親切な回答の様にも見受けられますね。
他にも「○○というクレカ現金化業者はどうですか?」という質問に対して「安全ですよ。換金率も高かったです。自分も昨日利用しました。」といった内容の流れにも注意が必要です。
この様に、サイトへの誘導を行っているやり取りは自作自演であると判断して良いでしょう。

中には、質問に対して「還元率95%と書かれていたのに手数料などが差し引かれた結果換金率が60%程でした。」といった口コミもあります。
この様な内容は、本当の利用者であると判断して良いでしょう。
自作自演の口コミは、具体性がない上に現金化業者を褒めたり薦めたりするというものが多いです。
これらの特徴に当てはまらない内容であれば、本当の口コミであると考えられるのです。

基本的には悪い口コミを信じるということになるでしょう。
消去法で優良な現金化業者が残るはずです。
少々手間はかかりますが、様々なサイトや口コミを確認することが重要なのです。