クレカ現金化の体験談は嘘?

HOME » 現金化の口コミ » クレカ現金化の体験談は嘘?

クレカ現金化の体験談は嘘?

クレカ現金化業者を選ぶ際に重要となる口コミ、いわゆる体験談は、比較的良い内容の投稿が多いことが特徴です。
入金スピードを売りにしている業者であれば、「本当に数分で入金されました」といった内容の体験談が目立つはずです。
本当の内容もあるかも知れませんが、実際に自身が体験しない限り信用は出来ないものです。
投稿されている体験談が本当のないようであるかどうか、申し込みを行う前に確認をしましょう。

まずは、申し込みの前にクレカ現金化業者へ電話をかけてみるという方法です。
比較サイトなどにはホームページのURLも載っているため、電話番号を確認して電話をしてみましょう。
その際、会社名を言わない業者には注意が必要です。
「もしもし」に続いて会社名を言うことが常識ですが、ここで会社名を言わない業者は悪質な業者であると判断して良いでしょう。
会社名を言わない場合、そのクレカ現金化が沢山の社名を使い分けている場合があるのです。

例えば3つの現金化業者が紹介されているサイトで、還元率を売りにする業者、入金スピードを売りにする業者、リピーターが多く安心できる業者が紹介されている場合、社名は異なっていても同じ業者であり、異なる電話番号であっても同じ場所へ繋がるようになっているのです。
この様な場合、電話をかけても社名を名乗らない場合があります。
優良な現金化業者であれば、複数の社名を使い分ける必要はありません。

悪質な業者を利用した体験談として多いのは、すぐに契約を進めようとするというものです。
クレカ現金化の利用者は、現金を手に入れるために急いでいるため契約内容を確認せずに契約に進んでしまいます。
反対に、焦らずに様々な質問をしていると電話を切られるなどといった対応を取られるケースもあります。
ホームページや体験談を確認しただけでは、優良な現金化業者であるかどうかを見極めることは出来ません。
まずは電話をしてみて、対応を確認しましょう。
社名を言わなければ、数秒で判断が出来てしまいます。